FEH攻略速報|ファイアーエムブレムヒーローズ攻略・まとめ速報

68PV

タイトル

FEヒーローズのキャラクターには赤・青・緑・無の4つの属性があります。
今回はその中でも、他の3属性の「3すくみ」関係とは無縁の無属性キャラクターをご紹介。弓や暗器、杖を使いこなすキャラクターの中から、使いやすいキャラ3名をピックアップしました。
それぞれの特徴やおすすめポイント、デメリットとなる要注意ポイントについても解説していますので、無属性でどのキャラクターを育てようか迷っている方はぜひ参考にしてください。

タクミ

おすすめポイント

FEヒーローズ配信初期から、頭一つ飛び抜けて強いと人気の高いタクミ。その強さはまだ衰えることを知らず!
弓属性のキャラクターは通常密接されると反撃ができず、接近戦に弱いものなのですが、タクミは敵から攻撃された時に距離に関係なく反撃するパッシブスキル「近距離反撃」によってこの弱点をカバー。敵の攻撃WAVE中に、タクミが反撃によって1人で敵陣を殲滅してしまうといった現象も目にします。
また飛行特効つきの武器スキル「風神弓」によって飛行キャラクターに対して強烈な強さを発揮し、ターン開始時に周囲2マスの敵の速さを減らす「速さの威嚇」によって追撃もサポート。本編ルナティックの難関でも闘技場でも、幅広い場面で大活躍してくれるキャラクターです。

要注意ポイント

魔防のステータスが低めなので、魔法攻撃系のキャラクターには注意。相手にいる場合は、率先して叩くようにしましょう。

エリーゼ

おすすめポイント

闘技場でもヒーラーとして編成されているのをよく見かけるキャラクターです。15も回復できる補助スキル「リカバー」と、杖で味方を回復させた時に回復させたHPと同じ値を自分も回復する「ご奉仕の喜び」の組み合わせにより、味方と自身を同時に回復することができます。
同じヒーラー系のキャラクターと比較しても、騎馬系のキャラクターなので機動力が高く、ピンチに陥っているキャラクターにすぐに駆けつけることができる点で有利です。
また、奥義スキルはさらに回復効果が高まる「治癒」と、全味方の攻撃をアップする「業火の祝福」という、役割が異なる2つの奥義を覚えます。他に編成しているキャラクターのバランスを見て、好きな方をセットしましょう。

要注意ポイント

ヒーラーらしく、守備やHPが低めで耐久性に欠けます。機動力を活かし、アタッカー系のキャラクターに近寄られないように立ち回りに気をつけましょう。

カゲロウ

おすすめポイント

戦闘後、敵が歩行なら敵の守備と魔防を下げる(敵の次回行動終了まで)武器スキル「秘毒の暗器」は、歩行タイプに対して特効ダメージを与えることが可能。歩行タイプに該当するキャラクターは多いため、汎用性が非常に高いスキルです。
また、敵の武器種が暗器で自分のHPが50%以上の時に自分は絶対追撃、敵は追撃不可のスキル「暗器殺し3」により、カゲロウと同じ暗器キャラに対しても有利。
自分の(最大HP-現HP)の30%をダメージに加算する奥義「血讐」は、暗器殺しと条件が相反するスキルではありますが、発動ターンが2と短いのが魅力です。

要注意ポイント

守備と魔防、HPが低めに設定されています。密接されると危険なので、相手アタッカーの動きには注意しましょう。



只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

関連記事

コメントを書く

コメントを残す



このページのトップヘ