FEH攻略速報|ファイアーエムブレムヒーローズ攻略・まとめ速報

181PV

☆4以下おすすめキャラ~カゲロウ~

★(レア)5限定排出キャラが強い!という本作ですが、誰もが手に入れられるわけではありません。
となると手持ちの★4、★3のキャラからパーティ編成をするわけですが、数が多いと誰がいいのか迷ってしまいます。
そこで今回は★4以下の無属性キャラから「カゲロウ」をピックアップしてご紹介します。

ステータス紹介

評価点 7.5/10点
属性
武器 暗器
移動タイプ 歩行

カゲロウの特徴

最大の特徴は歩行特攻

執筆時点の2017/2/22では全キャラでも唯一のスキル(武器)「秘毒の暗器(+)」を習得するキャラとなっています。(+は★5で習得可能。)
このスキルの特徴は「歩行特攻」、歩行キャラに攻撃する際は、攻撃力が1.5倍で計算されます。

高い速さによる追撃も相まって、殆どの歩行キャラを仕留めることが可能に。
特に主人公クラスなど歩行キャラが一番多いタイプなので活躍の機会は多いスキルです。
仮に仕留め損ねても、歩行であれば守備/魔防とも-4の弱体化効果も持っているので味方でトドメを刺すことが可能となります。

暗器には更に強い

パッシブBの「暗器殺し1/2/3」は敵の武器種が暗器の場合、自身のHPが90%/70%/50%以上であれば自分は絶対追撃、敵は追撃不可となるスキルです。

現状、暗器は歩行に限られるため歩行特攻に加え、暗器殺しが上乗せされる形に。
速さに関わらず追撃できるので一撃必殺の確率がさらにアップします。

魔道士にも攻めやすい

パッシブAの「明鏡の一撃1/2/3」は自分から攻撃した時、戦闘中の魔防+2/+4/+6されるスキルです。(3は★5で習得可能。)
もとよりカゲロウは魔防も高めなステータスになっているので、このパッシブスキルと相乗により魔道タイプにも果敢に攻撃をしかけられます。殆どの場合は射程2同士の戦闘は仕掛けたこちらも反撃でダメージを受けやすいのですが、カゲロウなら耐えやすいです。

そもそも歩行タイプの魔道であれば反撃されるまえに特攻で倒せてしまうので、騎馬の魔道などに効くスキルです。

奥義はダメージを負うほど強く

奥義は下位が「雪辱」、上位が「血讐」、どちらも効果は同じで「自分の(最大HPー現HP)の30%をダメージに加算」という効果で発動カウントが3と2です。
ダメージの30%なので、仮にHP 10/30であれば20の30%で+6ダメージ。
大幅な増加ではありませんが、防御無視で確実にダメージが増える点と発動カウントの低さにメリットがあります。
うまくダメージコントロールや倒されない立ち回りまで出来ると強力な奥義となりえます。

苦手タイプは重装

防御が高くても歩行ならば特攻&射程2により反撃されずに高ダメージを叩き込めますが、重装は特攻が発動せず、弱体化も出来ないため苦戦します。
魔道タイプや、重装特攻キャラと同じパーティにしておいたほうが良いでしょう。

1つ、重装だから可能な戦術もあります。

「踊る」のオリヴィエ、「歌う」のアリアといった再行動を可能にするユニットは単純に強力ですが、対重装では一方的に攻撃し続ける戦術も可能です。

重装は1マスしか動けないため、カゲロウで攻撃後、カゲロウを相手の危険範囲外から再行動させて危険範囲から逃がす事を繰り返すことで、相手はこちらに攻撃を仕掛けることが出来ません。
重装1体しか残っていない時に出来る戦術ですが、殆どの場合は最後の1体に重装という状況が多いと思います。

特に「雪辱/血讐」の奥義はダメージ上乗せなので、高い防御を突破しにくい重装を削る事も可能となります。

まとめ

射程2のユニットの多くがあてはまりますが、守備が低めで物理ダメージでは一撃で倒されてしまうことも。
射程を活かし攻撃されないように扱いましょう。
特に闘技場は歩行キャラの使用率が高いため十分に活躍してくれます。



只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

関連記事

コメントを書く

コメントを残す



このページのトップヘ